ホームボタン
私はいつも、美白を気にかけている

私はいつも、美白を気にかけている

私はいつも、美白を気にかけているので時節を考慮せず一年中、美白タイプの基礎化粧品を使っています。


やっぱり、利用しているのと不使用とではまったく異なると思っています。美白タイプのものを使用してからはシミやくすみがさほど無理を感じ指せなくなりました。



シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。加齢や直射日光を浴びたりすることで肌にメラニン色素が沈着するからであって、シミができると、実際の年齢以上に老けた感じを周囲の人に与えてしまうようです。



もし、顔にできてしまうとひどく気になってしまうものですが、肌の手入れで予防することもできますし、生成されてしまったメラニン色素を減らすこともできるのです。



ニキビの起因となるものは毛穴に汚れがたまることにより、炎症が起こってしまうことです。手で顔を触るクセのある人は気をつけておきましょう。



日常生活において手には汚れがたくさんつきまくっていて、その手を顔に触れているということは顔を汚しているのと同様なのです。
白く痛々しいニキビが出てくると、気になって触ってつぶしてしまいます。


白く膨らんだニキビから白い中身が飛びだしてくるのがすごく好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでも中身を出沿うとして、消えないニキビの痕跡が残ります。鏡でニキビ跡を見るたびに、無理にニキビをつぶしてはいけないと反省するのですが、白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。

私が20歳のこと、背中の痒みがひどく見てみると多くの吹き出物ができていたんです。


すぐに皮膚科で見て貰いました。
すると、先生から、「吹き出物はニキビです。

こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂っこいものばかりの食事になっているんじゃないですか」と注意されてしまいました。

チョコがどの食べ物よりもニキビができやすい沿うです。
以前、美白に重点を置いたスキンケア製品を活用していましたが、皮膚に合わなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた製品へチェンジしました。化粧水が2種類あるのに最初は当惑しましたが、真冬でない場合には洗顔後の肌ケア方法はこれだけで十分です。冬場には夜間のケア時に美容クリームをつけるだけというものになりました。
ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥があげられます。



肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と疑問に感じている人持たくさんいらっしゃるでしょう。持ちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥しすぎて、それが持とでニキビができてしまうのです。

毛穴、特に鼻の毛穴に角栓が目立っているとすごく気になるものですよね。


だからといって、洗顔時に無理やりに取ろうとすると、かえって、お肌を傷つける惧れもあるので、それはお勧めできません。



ピーリング石鹸といったものを使用して角栓をじっくりと取り除くといいでしょう。ですが、使い過ぎるのも良くないので、週に一度から二度の使用にしておいてちょーだい。
シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、シワが発生して、増加することになります。例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。
それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)、ヒアルロン酸、これらは減っていくばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていく訳です。


気になる肌のシミを防ぐには、実は、私立ちの体の内側に気を配ることも鍵になります。
特に、ビタミンCは美白効果を持つと言われていて、ふんだんに含まれているのが、イチゴとかレモン、パセリ、ブロッコリーなどです。
アト、お肌の保湿機能が低下するとシミになる可能性が高くなるので、肌に潤いを与えるためにコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)がいっぱい入っている、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べましょう。
また、食生活においては、シミのことだけを考えるのではなく、大事なのは、偏りのない栄養の摂り方でもあるんですね。
Copyright (C) 2014 スキンケアで美白肌になる! All Rights Reserved.